ストレートネックと背中の関係

首の筋肉を緩めて改善するものの、すぐに戻ってしまうケースなどに考えなければいけないポイントの一つに背中が有ります。

背中は反り過ぎてはいけない、と思っている方が多いのではないでしょうか

実は反り過ぎてはいけないのではなく、どれだけ反れるかが問題です。

つまり、反れれば反れるほど良い訳です。

ただし、骨盤がちゃんと起きて前傾している事

言い方を変えると、おしりが下がっていない事

これは横から撮った写真で、其々の写真の向かって右側がお腹側、左側が背中側です。

左の写真が骨盤が起きた状態で、右の写真は骨盤が後方に下がってしまった状態です。

これを全体的に見てみましょう。

この違い、判りますか

左が良い状態、右が悪い状態です。

左は骨盤が起きているので、腰にしっかり反りが有ります。

右は骨盤が後方に下がっているので、腰の反りが無くなっています。

左の腰がしっかり反っている場合は、背中をしっかり反らせると良い状態になります。

右の腰の反りが無くなっている場合は、背中を反らせると平背と言って、背中の痛みを起こす原因になったりします。

骨盤がしっかり起きている状態が出来ていれば、背中は反れれば反れるほど良い訳です。

施術としても、骨盤を起こさせた状態から、背中を反らせて、肩甲骨を後ろで寄せてあげると、首の硬さが大幅に緩んだ状態に成ったりします。

背中って、首の症状を改善させる為には、結構重要なポイントなんですよ。

●首痛 

ストレートネックについて

ストレートネックと骨盤の関係

ストレートネックと肩甲骨の関係

ストレートネックと背中の関係

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3
広告