ストレートネックと骨盤の関係

前回の続きになります。

首だけを治療して改善するものの、戻ってしまうケースについて、お話させて頂きます。

今日は骨盤と首の関係性についてです。

左右の骨盤の使い方、違いが分かりますか

左の写真は、骨盤が後ろに下がった状態で、右の写真は、骨盤が起きている状態です。

骨盤の使い方によって、腰椎の湾曲が、ぜんぜん違いますよね。

左は腰の反りが無くなっています。

右は腰が反っていますよね。

但し、反り過ぎると腰痛になりますので、写真よりも軽度の反りで充分です。

これを全身の状態で見てみましょう。

左は全身の生理的S字カーブが減少し、姿勢が悪くなりますので、頭が前方に突き出して、首がストレートになります。

右は全身の生理的S字カーブがしっかり出来ていますので、首はちゃんと前方に反っているのが分かると思います。

左の様な状態では、首の筋肉を緩めても、不自然な体勢ですから、又すぐに緊張して痛くなります。

治療を受けて改善するのに、戻ってしまう場合は、骨盤の状態もチェックしてみて下さい。

●首痛

ストレートネックについて

ストレートネック骨盤の整体

ストレートネックと肩甲骨の整体

ストレートネックと背中の整体

首の歪みと東洋医学的考え方

どっちがストレートネック?

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』健康情報

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
広告