ストレートネックについて

img_0

最近、ストレート・ネックと病院で診断をされて、なかなか良くならないと来院される方が多いので、私の見解を述べておきます。

一般的に首の骨の前方への湾曲が減少して、真っ直ぐになっている状態をストレート・ネックと言われています。

骨の湾曲がクッションになっている為、湾曲が減少すると頭の重みを支える事が困難になるので、圧迫されて、首が痛くなるという考えになります。

まあ、なるほどなぁ、とも思いますが、ちょっと待てよ

骨なんか神経が通ってないんだから、骨自体が痛みを感じる事は有りません

骨は骨折しても、周りの筋肉や軟部組織を傷つけていなければ、痛みは出ません。

痛みを感じるのは、あくまでも筋肉です。

筋肉に通っている神経が、筋肉の血行不良による酸欠を痛みとして感じるものなのです。

筋肉の過緊張を取り除く事を考えないと、なかなか良くならない訳ですよね。

そして、首の筋肉だけ緩めた場合、その場は楽だけど、すぐに戻ってしまうという事が起こります。

う~ん、実は首だけじゃイマイチなんだよね。

ポイントは肩甲骨と背中、腰にも有るんですよ。

●首痛 

ストレートネックについて

ストレートネックと骨盤の関係

ストレートネックと肩甲骨の関係

ストレートネックと背中の関係

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3
広告