骨・関節から診る顎の痛み、顎内症、顎関節症

99708f07e8fea5df6b748e27105bdb91_s

顎の痛みについて考えてみましょう。

骨と関節から顎の痛み、口が開きにくい、顎がガクガクいう、といった症状を診た場合、どこを診るのか?

普通は痛みが出ている側の顎を直接診ると思います。

それは口腔外科でもそうでしょうし、接骨院・整骨院でも元々顎の整復法が有ります。

もちろん顎の整復で改善するケースも有ります。

しかし、改善しないケースも結構な割合で存在します。

その場合は、何を考えるべきか?

顎の関節は、頭の骨の一部である上顎と、ぶら下がっている骨の下顎で構成されています。

上顎は頭の骨の一部ですので、しっかりしています。

下の部分の下顎は、考えようによっては、ただぶら下がっているだけの骨を筋肉で支えている様な作りです。

gakukansetsu

そう考えると、頭の骨の一部である上顎さえ正しい位置に戻してやれば、下のぶら下がっている下顎は何とかなると思いませんか?

顎に障害をお持ちの方は、上を向きにくくなっています。

骨・関節で考えると、首の骨にロッキング(引っ掛かり)が有る為、上手く上を向けないのです。

口って、下を向くと開きにくく、上を向くと開き易くありませんか?

顎に何も問題が無い人でも、試すと分かるはずです。

つまり、首を矯正して上を向き易くすると、口は開き易くなり、痛みも取れていきます。

大抵の場合は、痛い側、開きにくい側の頸椎を1番から順に2番、3番、3番が一番重要ですが、4番まで矯正したところで、パカッと開き易くなります。

痛みと、開きにくいのは、これで解消しますが、音に関しては、その場で改善するケースも有りますが、軟部組織の変形が有ると、時間の経過が必要となります。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』健康情報

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)

 

 

広告