ぎっくり背中

ぎっくり背中、ぎっくり腰の背中版ですね。

骨・関節から診た場合、肋骨と背骨の関節と背骨同士の関節が、ロック(引っ掛かる)して、筋肉が異常緊張・異常収縮した為、炎症を起こし痛みが出ている状態と考えます。

関節のロックを解除して、筋肉の異常緊張・異常収縮を解消する事と、炎症を起こしている筋肉に消炎処置のテーピングを行います。

14rokkotu08_li-5

数回の施術で大幅改善します。

と言っても、背骨と肋骨だけ関節のロックを解除した場合、稀に症状が悪化する事が有ります。

それは、骨盤の動きが悪い場合です。

骨盤の動きが悪いのに、背骨と肋骨だけ動きを良くすると無理が掛かる様です。

私の場合、念の為、先に骨盤の動きを整えてしまい、それから肋骨、背骨と関節の動きを整える様にしています。

その方が診ている私も安心ですからね。(^^)

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

 

広告