交通事故の慰謝料は弁護士にたのむと得?

交通事故の通院慰謝料についてお話しさせて頂きます。

今回は、普通に通院した場合の金額で、弁護士さんに頼まなかった場合と、頼んだ場合の比較をしてみたいと思います。

交通事故で、むち打ち症になり、3ヶ月間90日のうち30回通院した人を例にお話しします。

通院慰謝料は、通院した日数掛ける2と、通院期間の日数で少ない方が適用されます。

一日の金額は4200円です。

この人の場合、30回通院ですので×2で60、通院期間90日と比べると、60の方が少ないので、そちらが適用されます、それに4200円を掛けると・・・

30×2×4200=252000

で252000円の通院慰謝料になります。

もっとマメに通院していれば、もっと貰えますが、30回ですと、その金額です。

これは基本的な金額です。

大抵の場合、保険会社さんから、この金額を提示されるでしょう。

では、弁護士さんにお願いした場合は、どうなると思いますか

通院慰謝料には、基本的な自賠責基準と、保険会社独自の基準と、裁判所・弁護士基準の3通りの料金表が有ります。

保険会社が提示して来る基準は、基本的な基準ですので、決して間違いでは有りませんし、悪気もないと思います。

ところが弁護士さんにお願いした場合、一番金額が高い裁判所・弁護士基準で申請してくれます。

3ヶ月間の場合いくらでしょう

IMG_0010_LI (2).jpg

・・・53万円ですね

実際は少し減額されますが、余りにも違う

これが弁護士さんに頼まないで普通に対処した場合と、弁護士さんにお願いして対処して貰った場合の違いです。

もし私が車に追突されたら、もちろん弁護士さんにお願いしますね。(^^)

弁護士さんは、私の方から、ご紹介させて頂きます。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3
広告