筋肉から診る、手のしびれ

今回は、筋肉から手の痺れについて、考えてみましょう。

骨・関節がロック(引っ掛かる事)すると、筋肉は異常収縮・異常緊張を起こします。

そのロックを解除すると、筋肉の異常収縮・異常緊張は基本的には解消されます。

ところが中には、関節のロックを解除しても、取れない手の痺れも有ります。

そこで考えなければいけない事は、筋肉の習慣性がおかしくなり、力が入りっぱなしに成っているかも知れないという事です。

その場合、筋肉に直接「ここまで伸びても良いのですよ。」と教えてあげる必要があります。

強引に伸ばしてしまうと、筋線維を痛めてしまいますので、一定の負荷を加えながら、筋肉との会話で相談をするような感じで、可動域を広げて行きます。

3a

筋肉の異常収縮・異常緊張が無くなれば、血管や神経が圧迫される事が無くなりますから、手の痺れが取れやすくなるのはイメージ出来るのではないでしょうか。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3
広告