指が痛い!?へバーデン結節

《Heberden’s node》手指の第一関節に生じる、変形性関節症の一種。関節の軟骨が摩耗し、骨棘が形成され、指が動かしにくくなる。痛みを伴うことが多い。加齢に伴う症状で、中年期の女性に多く発症する。原因は不明。英国の医師W=ヘバーデンが最初に報告したところからの名。

デジタル大辞泉より

image.jpeg

家庭医学館の解説

へばーでんけっせつ【ヘバーデン結節 Heberden Node】

[どんな病気か]
変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)が指の先端の関節におこると、先端の関節が太くなり、結節(けっせつ)(しこり)状になります。これをヘバーデン結またはヘーベルデン結節といいます。
指をよく使う職業の人に多いことから、関節の使いすぎによる変形(外傷性)、あるいは遺伝による変形(非外傷性)などが原因として考えられています。ただし、関節リウマチとは関係がありません。
[症状]
指の先端の関節が太く、結節状となり、ときには嚢腫(のうしゅ)ができ、腫(は)れてきます。変形が進行する時期には痛むことがありますが、変形が完成し、関節の動きが悪くなるころには、痛まなくなることが多いものです。
[検査と診断]
X線写真で、関節のすき間が狭くなっている、骨棘(こっきょく)の形成、骨の硬化など、変形性関節症に特有の像がみられます。
血液検査では、リウマチ反応などの異常はありません。
[治療]
痛みが強い場合は、簡単な固定と鎮痛薬が用いられます。
関節が不安定で、物をつかんだりするときにぐらつく場合や、変形がひどい場合などは、関節固定術などの手術が必要になります。

出典|小学館家庭医学館


簡単に言うと、指の第1関節が太くなって、痛い状態です。

外傷でケガをしたものでは無く、自然に発症します。

使い過ぎ、または原因は不明とされています。

医学的には原因不明のものが多いですね。

しかし、へバーデン結節を発症する人には共通点が有ります。

指だけではなく、手が硬い

その状態で使うから痛い、変形性膝関節症などと同じ原理で、痛いから、骨量を増やして変形して行くのではないかと思います。

硬いから痛いと考えると、硬さを取って柔らかくなると

そうです、痛みが軽減して行きます。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3
広告