足首の捻挫は癖になる?足関節編

足首の捻挫って癖になりますか と尋ねられる事が有ります。

そこで、どんな場合に癖になるのか

その場合、どう対処するかをご紹介いたします。

原因は、いくつか有りますが、今回は、その中の一つ、メインの足首の関節についてです。

足首は、すねの骨2本と、足根骨の一番上に有る骨の、3つの骨で関節が出来ています。

dr52_img04

※画像は他のサイトからお借りしています。

すねの骨は、内側の太い骨が脛骨、外側の細い骨が腓骨です。

その2本の骨の下に、組み込まれる様な形で、距骨が有ります。

Buj6j8gCEAAJZTz

この、しっかりと組み込まれている足首の関節を捻って、捻挫を起こした場合に、足首の骨は、どんな状態になると思いますか

よく起こる現象が有ります。

足首を捻った時に、下に有る骨の距骨が、上に有る2本の骨を、てこの原理で、こじ開けてしまう事です。

足首の捻挫

左右の足首を比較して、よく見ると、負傷した方の足首が開いて太くなっています。

内側と外側から押して、圧迫してみると、負傷した側だけ、フカフカした感触になります。

関節が不安定ですので、再負傷しやすい状態です。

足首の捻挫が癖になっていると感じるかも知れませんね。

この場合は、整復して骨を整えます。

整復の方法は、いくつか有りますが、やるべき事は、めり込んだ状態の下の骨を引っ張り出しながら、上の骨2本をギューッと絞り込んで、元の位置に戻します。

骨の位置が整うと、再負傷しにくくなります。

今回は、メインの足関節について、お話ししました。

他の原因で、足首の捻挫が癖になっていると、感じるケースが有りますので、またの機会にご紹介いたします。

●足の痛み・疾患

足裏の痛み、足底筋膜炎・足底腱膜炎と踵骨棘とは?

骨から考える足底筋膜炎・踵骨棘の整体施術

筋肉から考える足底筋膜炎と踵骨棘の整体施術

かかとの痛み、踵骨棘とは?

踵骨棘って本当に骨なの?

足底の水虫のテーピング療法

足のタコのテーピング療法

足の魚の目のテーピング療法

足の冷え性のテーピング療法・足偏

足の冷え性のテーピング療法・腹部編

足の冷え性の足揉み、足趾揉み

足首の捻挫は癖になる?足関節編

足首の捻挫は癖になる?足根骨編

足首の捻挫が癖になる?筋肉編

アキレス腱が痛い!アキレス腱炎?

アキレス腱が痛い!アキレス腱炎のテーピング療法

アキレス腱が痛い!アキレス腱付着部炎?

アキレス腱が痛い!アキレス腱付着部炎のテーピング療法

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』健康情報

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
広告