足首の捻挫が癖になる?筋肉編

足首の捻挫が癖になる原因について、前回は足根骨、前々回は足関節と、骨・関節について、説明させて頂きました。

今回は、筋肉の方から考えてみましょう。

足首の関節は整復して元の位置に戻して貰いました。

その下に有る足根骨の関節も整えて、ロックも解除して引っ掛かりも取って貰いました。

でも、足首が痛くなりやすいんです。。。何で

という時に、私の場合は、筋肉の習慣性が、おかしくなっている事を疑います。

骨・関節の状態は良いのに、無意識で足首をかばい、微妙に力が入りっぱなしに成っている事が有るのです。

車で例えると、常に軽くブレーキを掛けている様な感じです。

これについては、見た目だけでは分かりません。

足に一定の圧を掛けて、当たりを取ります。

足関節捻挫の筋整復

ブレーキが掛かっている場合には、圧を掛けると、プツッ、プツッとか、ククッと外れて行く感触が手に伝わります。

その感覚が消えたら、その日の施術は終了。

次回の来院時にも、その引っ掛かりを取って行きます。

通院の度に、引っ掛かりを取っていくと、段々その感触が感じられなく成って行きす。

ほぼ感じられなく成ったら、筋肉の習慣性が整ったと考えます。

それと同時に、足首の捻挫が癖になっている感覚も消えていると思います。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3
広告