不眠症のテーピング療法

不眠症を改善させる方法は、いくつか有ります。

その中でも、手軽な方法として、スパイラル・テーピングの処置が有ります。

細いテープを貼るだけですので、絆創膏でも代用出来ます。

貼る場所は、両手の薬指の末節骨になります。

貼り方は、左上がりに螺旋を描くように指を一周します。

IMG_20170718_123609

IMG_20170718_123641

なぜ、これで不眠症が改善するの

不思議ですよね

自律神経って、交感神経と副交感神経が有りますよね、薬指に軽度の刺激が加わると、副交感神経の方が優位に働く様です。

落ち着かせる効果が有る為に、不眠症の改善に役立つと考えられています。

逆に集中力を高めたい場合は、人差し指を使って交感神経を優位にするという方法を使います。

不眠症に対しては、他の方法も有りますので、またの機会にご紹介いたします。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3
広告