ベーカー嚢腫の施術で考える事、代謝の低下

AS20161214002672_commL

以前の記事、ベーカー嚢腫って何?・・・膝裏のコブ?で、こんな事を考えて施術を組み立てると書きました。

それは、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、筋力のアンバランス、代謝の低下、ホルモンバランスなどです。

これは、ベーカー嚢腫に限らず、膝の障害に共通している問題点になります。

今までに、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、筋力のアンバランス、まで説明しましたので、今回は、代謝の低下についてのお話しです。

代謝の低下とは、血液や体液の循環が上手くいっていない状態と私は考えております。

その中の一つは、水毒・お血という東洋医学的考え方です。

水毒で体内の水の異常、お血で体内の血液の異常が強くなると、身体に浮腫みが生じます。

筋肉も浮腫みますので、膝が腫れやすくなります。

同じ様にホルモンバランスが崩れた場合も、別のルートで身体に浮腫みを生じます。

seiri1

結果、同じ様に膝が腫れやすくなります。

もう一つ考えるべき事は、これまでの記事に出て来た、筋肉の過緊張でも膝は腫れます。

筋肉の細胞内の水は、常に出たり入ったりしているのですが、筋肉が過緊張を起こす事により、細胞の膜が閉じてしまい、上手く水が循環出来ず、溜まる為に腫れてしまうという事が起こります。

他にも冷えや、熱でも循環に異常を来す事が有ります。

ベーカー嚢腫だけでなく、膝の水腫の場合も、血液・体液の流れを阻害している原因は何かなと考えながら施術を行います。

それに当てはまる事を探し処置します。

ベーカー嚢腫についての記事は以上になります。

また何か思いついたら書き加えようと思います。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

 

広告

ベーカー嚢腫の施術で考える事、筋力のアンバランス

以前の記事、ベーカー嚢腫って何?・・・膝裏のコブ?で、こんな事を考えて施術を組み立てると書きました。

それは、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、筋力のアンバランス、代謝の低下、ホルモンバランスなどです。

これは、ベーカー嚢腫に限らず、膝の障害に共通している問題点になります。

前回までに、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、の説明をしましたので、今回は、筋力のアンバランスについてご説明いたします。

膝を曲げる場合、ももの後ろ側の筋肉は縮んで、前側の筋肉は伸びます。

逆に、膝を伸ばす場合は、ももの前側の筋肉が縮んで、後ろ側の筋肉は伸びますよね。

その前後の筋肉の力にアンバランスを起こすとどうなるでしょうか

簡単に説明すると、前と後ろで引っ張り合っている様な状態になります。

kinnikugun02_LI (2)

前と後ろで引っ張り合っていたら、スムーズに動けませんよね。

そんな場合は、スパイラル・テーピングを使って、こっちの筋肉は力を強くしなさい、こっちは弱くしなさい、とテーピンクの向きを変えて脳に信号を送ります。

その処置を必要としている状態の時に、処置をすると、筋力のバランスが整い、動かし易くなったり、痛みが取れたりします。

引っ張り合っているという事は、前回お話しした関節の内圧も上がりますから、ベーカー嚢腫が出来やすいはずです。

筋力のバランスが取れていた方が、関節の内圧も正常に戻り、ベーカー嚢腫が引っ込みやすいと思いませんか

次回は、順番通り代謝の低下について説明してみたいと思います。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

ベーカー嚢腫の施術で考える事、関節の内圧上昇

以前の記事、ベーカー嚢腫って何?・・・膝裏のコブ?で、こんな事を考えて施術を組み立てると書きました。

それは、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、筋力のアンバランス、代謝の低下、ホルモンバランスなどです。

これは、ベーカー嚢腫に限らず、膝の障害に共通している問題点になります。

前々回は、関節の引っ掛かり、関節ロックについて。

前回は、関節の軸ずれについて、お話ししました。

今回は、関節の内圧上昇について考えてみましょう。

ベーカー嚢腫の図を見ると、関節に圧が掛かり押し出されている様に見えませんか

炎症を伴い余計に出ている様にも見えます。

imagessk4k_1

膝の関節に対して、内圧を上げる原因として何が考えられるでしょうか

一つは重力でしょう、但しこれは、立位、つまり立っている時に限られます。

もう一つは、筋肉が縮むと関節に圧が掛かりますよね。

立っている時だけ、膝が痛み、ベーカー嚢腫が出っ張るという話は聞いた事が有りません。

体重が掛かり、炎症を起こした結果、ベーカー嚢腫が出来てしまったという考え方は出来ますが、それなら休んでいれば治るのか

なかなか、そうは行かないみたいです。

やはり、もう一つの原因である筋肉が縮んだ状態を何とかしないと、関節の内圧は下がらないのではないでしょうか

筋肉が縮んだ状態にも種類が有りますので、またの機会にご紹介いたします。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

 

変形性膝関節症、痛みが先か?変形が先か?

膝関節の変形は、痛みが先か 変形が先か

なんだか、ニワトリが先か 卵が先か みたいな課題ですね。

では、膝の関節はナゼ変形するのでしょうか

b0199838_1124527

変形は、痛いから変形します。

膝に痛みを感じているから、自己防衛で骨量を増やし、関節面を広げようとします。

では、その痛みは、どこが感じているのでしょうか

違います、骨は折れても周りの筋肉を傷つけないと痛みません。

筋肉

はい、結局のところ、痛みを感じ取るのは筋肉です。

関節の問題、筋肉の問題、筋膜の問題などにより、筋肉に異常緊張・異常収縮を起こし硬くなることで痛みを引き起こします。

筋肉が感じ取っている痛みに対して、骨量を増やして、骨が変形して行くという順番になります。

実際に変形を起こすと、関節の動きに制限がかかります。

自己防衛で変形したハズなのに、その変形により関節の問題が発生して、筋肉が異常緊張・異常収縮を起こし筋肉が硬くなり、痛みを発生するという、悪循環に陥ってしまうのです。

変形してしまったら、もう良くならないの

それは違います。

関節の軸を整えて、筋肉の硬さが取れて行くと、変形してしまった膝でも、痛みが緩和されて行くのです。

ただし日数が掛かりますので、変形する前に関節を整えて、変形を回避した方が良いと思いますよ。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

膝関節痛、階段の上りで痛む?下りで痛む?

膝に問題を抱えている方が辛い動作の一つとして、階段の上り下りが有ります。

その中でも、階段の上りが辛い方と、下りが辛い方に分かれます。

上りが辛い場合と、下りで辛い場合では、施術の際に狙うポイントが変わってきます。

具体的には階段を上る時は、膝から上の筋肉が主に働きます、下る時は、膝から下の筋肉が主に働きます。

ashi (2)

つまり、膝から上のももの筋肉に硬さが有ると、階段の上りが辛くなり、膝から下の、ふくらはぎや、すねの筋肉に硬さが有ると、階段の下りが辛くなる訳です。

その筋肉の硬さが、緩和されると、階段の上り下りが楽になって行きます。

それが解っていると、施術するべきポイントを絞り込みやすくなります。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

膝関節痛、外側の痛みの原因は?

ひざの痛みは、内側に出る人が多いと思いますが、外側に出る人もいます。

これも、軟骨が擦り減って痛くなるという説では無く、筋肉から考えてみましょう。

ひざの外側の筋肉というと、大腿筋膜張筋から腸脛靭帯(外側のライン)、大腿四頭筋の外側広筋(外側の前のライン)、大腿二頭筋(外側の後ろのライン)、がメインになると思います。

848f76d7e24739701183873238968b31-300x285_li

ここで一つ忘れてはいけない筋肉が有ります。

膝窩筋といって、膝の後ろから外側半月板に繋がっている筋肉です。

popliteus_li

膝窩筋が緊張して硬くなっても、外側半月板を引っ張る為、膝の外側に痛みが出ます。

施術としては、関節のロックを外しながら、筋肉の異常収縮・異常緊張の有無を確認し、動きが不自然な筋肉を探します。

見つかれば当院の場合、PNFストレッチ筋整復法で、異常収縮・異常緊張をなるべく取り除きます。

どうしても、取り切れない筋緊張に対しては、テーピングで筋肉を助けてあげると改善しやすくなります。

 

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

膝関節痛、内側の痛みの原因は?

ほとんどの人は、膝の内側が痛いと、軟骨が擦り減っていると思われますよね。

こんな感じに・・・

b0199838_1124527

でも、骨や軟骨には神経が通っていないという説を中心に考えた場合は・・・

じゃあ・・・何

 

筋肉から考えてみましょう。

膝の内側の筋肉、特に考えなければならないのは、半腱様筋・半膜様筋ですね。

image-13-7

これらの筋肉は、内側に有り、内側半月板にも繋がっています。

hangetsu_01

この筋肉が異常緊張・異常収縮を起こすと、内側半月板を引っ張るので、内側の関節に痛みを感じます。

という事は、この筋肉がフワッと緩めば内側半月板を引っ張らなくなるので、内側の痛みが楽になると想像できませんか

他にも膝関節の内側に痛みが出るルートが、いくつか有りますが、真っ先に考えるべきポイントは、半腱半膜様筋ですね。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3