足と腰の相関関係

前回の記事では、手と首の相関関係をご紹介しました。

足と腰にも同じ様に相関関係が有ります。

足の場合、中足骨の付け根で判断します。

ツボで言うと、太衝(たいしょう)や臨泣(りんきゅう)が有る所ですが、手の時と同じく他の付け根も追加して4点から比較します。

f8fc55a7 (2)

例として、4点を強めに押して1趾と2趾の付け根が一番痛ければ、同側の腰椎5番と仙椎1番に問題が有りますので処置をします。

骨格 (3)_LI

この手法は、腰が原因で脚に症状が出ている時などに役立ちます。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

 

広告

首が原因の腰痛、ぎっくり腰・骨盤仙腸関節編

腰痛、ぎっくり腰の原因として最も多いのではないかと思うのが、骨盤の仙腸関節の変位やロック(引っ掛かり)です。

しかし、骨盤の仙腸関節に異状が有るだけではなく、首の異状が腰痛、ぎっくり腰の原因になっている場合が有ります。

仙腸関節部の偏位による腰痛の検査法として、スパイラル・テーピングでは、こんな検査法が有ります。

仰向けで行います。

股関節軽度屈曲位(約45°)、膝関節120~130°屈曲位より腰を上げさせる、上げることが困難な場合もしくは疼痛が著明な場合は仙腸関節部に偏位が存在することを示唆する。

仙腸関節テスト (1)

これで仙腸関節部に問題が有る腰痛である事が解りました。

ここで、首に関係が有るのか無いのかを調べます。

検査法は、ソートホールテストを行います。

頭を持ち上げて、その状態から、患者さんに腰を持ち上げて貰います。

仙腸関節テスト (2)

楽に腰が上げられたり、痛みが軽減、または消失したら、首にも問題が有り、腰痛の原因になっていると判断します。

腰の施術だけでは、なかなか改善しませんので、首も一緒に施術を行います。

2c

首の関節を整えて、必要な場合は、スパイラル・テーピングを貼付します。

o0280020512657101711

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

首が原因の腰痛、ぎっくり腰・腸腰筋編

腰が痛いから、腰に原因が有るとは限りません。

首が原因で腰に痛みを出しているケースは、よく起こる現象の一つです。

 

何を持って、首に原因が有ると判定するのか

これは検査法が有ります。

ソートホールテストと言います。

 

今回は、腸腰筋の異状を例に、ご説明いたします。

IMG_0001

仰向けで、患者さんに力を抜いて貰い、股関節90°屈曲位からさらに屈曲させると疼痛が出現する場合、腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)の異状を示します。

img_0_m_LI (2)

また、腰部の後重感を感じる場合は第12肋骨付近に異状があることを意味します。

 

これに対して、ソートホールテストを行います。

頭を持ち上げた状態を作り、そこから腸腰筋テストを行います。

IMG_0002

すると、最初に検査を行った時より痛くない という場合は、首に問題が有ることを示します。

これは腰だけ施術をしても良くならないので、首も施術をします。

2c

逆に、ソートホールテストを行っても、痛みに変化が見られない場合は、腸腰筋の異状がメインであると考えます。

その場合は、関節のロック(引っ掛かり)を解除する事に加えて、腸腰筋にストレッチをかける、腸腰筋に対するスパイラル・テーピングを貼るといった処置を行います。

腰が痛いのに、首の処置で楽になると、患者さんにビックリされます。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

ぎっくり腰の施術、軽度の場合

当院の、ぎっくり腰の施術の流れについてです。

疼痛の度合いにより、検査法を使い分けます。

立った状態で、前後屈出来るか ほとんど出来ないか

仰向けになれるか かなり困難か により検査法を選択します。

 

前後屈がほとんど出来ない、仰向けがかなり困難、という場合は、重症です。

 

前屈は出来るけど後屈は出来ない、または後屈は出来るけど前屈は出来ない。

仰向けにはなれる、という状態は、中度のぎっくり腰と考えております。

 

前後屈は出来る、仰向けも、寝返りも出来る状態は、ぎっくり腰であっても、軽度と考えています。

 

軽度の場合は、前後屈、左右側屈、左右捻転などの、可動域の確認を行います。

STテスト(スパイラル・テーピングのOリングテスト)により、背部のどこに問題が発生しているのかを判定します。

腰背部

どこに問題が有るか確認後、仰向けで、脚の長さの左右比較、ラセーグテスト(脚がとこまで上がるか見る)、パトリックテスト(股関節の開きを見る)、トミーズテスト(仙腸関節のロックを見る)といったテストを行います。

220px-Straight-leg-test

その後、骨盤の仙腸関節のロック(引っ掛かり)を解除します。

1

解除した後に、、脚の長さの左右比較、ラセーグテスト、パトリックテスト、トミーズテストを再度行い改善を確認します。

必要に応じて背骨、肋骨などの関節もロックを解除します。

関節ロックを解除後、再度STテストを行います。

STテストを行うと、ここは改善している、ここは炎症や筋緊張などの問題が残っている、と判定が付きますので、残っている反応部分にスパイラル・テーピングを貼付します。

スパイラル・テーピング 腰局所

症状の軽減、可動域の改善を確認して、その日の施術を終了します。

ぎっくり腰の重度・中度と、軽度の大きな違いは、スパイラル・テーピングの貼り方の違いです。

ぎっくり腰の重度の場合は、大きく貼ると効果が出やすいのですが、軽度のぎっくり腰に貼ると痒くなります。

koshif3koshib3

これは、テーピングを貼ったことによる刺激が脳に伝わります。

必要なうちは良いのですが、要らなくなると排除しようとする為に、痒くなるのです。

重度のぎっくり腰の状態では有効な処置ですが、軽度のぎっくり腰の場合は不必要な刺激であるという事の様です。

もちろん、重度のぎっくり腰の人でも、改善して来ると痒くなります。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

ぎっくり腰の施術、中度の場合

当院の、ぎっくり腰の施術の流れについてです。

疼痛の度合いにより、検査法を使い分けます。

立った状態で、前後屈出来るか ほとんど出来ないか

仰向けになれるか かなり困難か により検査法を選択します。

前後屈がほとんど出来ない、仰向けがかなり困難、という場合は重度です。

 

前屈は出来るけど後屈は出来ない、または後屈は出来るけど前屈は出来ない。

仰向けにはなれる、という状態は、中度のぎっくり腰と考えております。

STテスト(スパイラル・テーピングのOリングテスト)により、背部のどこに問題が発生しているのかを判定します。

腰背部

仰向けには成れるので、脚の長さの左右比較、ラセーグテスト(脚がとこまで上がるか見る)、パトリックテスト(股関節の開きを見る)、トミーズテスト(仙腸関節のロックを見る)といったテストを行います。

551601aaae7fbd577d56a6e8a961af5a

その後、骨盤の仙腸関節の関節ロック(引っ掛かり)を解除します。

1

解除した後に、、脚の長さの左右比較、ラセーグテスト、パトリックテスト、トミーズテストを再度行い改善を確認します。

a962713e86110308904be76cd18bba88

※トミーズテストとは、トーマス股屈曲テストを仙腸関節の動きを見れる様に改良した、JRC療法のオリジナル検査法の事です。

背中や腰椎に反応が有った場合は、背骨や肋骨の関節ロックも解除します。

確認後、再度STテストを行います。

STテストを行うと、ここは改善している、ここは炎症や筋緊張などの問題が残っている、と判定が付きますので、残っている反応部分にスパイラル・テーピングを貼付します。

kafunden3enpai1

テーピング貼付後に、歩行や可動域を再度確認します。

改善を確認して、その日の施術を終了します。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

ぎっくり腰の施術、重度の場合

当院の、ぎっくり腰の施術の流れについてです。

疼痛の度合いにより、検査法を使い分けます。

立った状態で、前後屈出来るか ほとんど出来ないか

仰向けになれるか かなり困難か により検査法を選択します。

前後屈がほとんど出来ない、仰向けがかなり困難、という場合は、かなり重症です。

その場合、寝返りも困難ですので、骨盤の仙腸関節だけ、動きを整えます。

sentyou

1

そして、STテスト(スパイラル・テーピングのOリングテスト)により、どこにテーピングを貼ると改善し易いかを特定して、貼付します。

koshib3 koshif3

その後、歩行の確認を行います。

普通に歩ける事を確認して、その日の施術は終了します。

まだ歩行が辛そうな場合は、さらしを軽く巻いて、腹圧を高め、腰部の安定感を高めます。

テーピングを貼ると、その部分を「保護していますよ」という信号を脳に伝えられる為、症状が軽減されます。

炎症を取ってくれる効果も有りますので、湿布は貼りません。

逆に、湿布を貼ると、テーピングにより、脳に送っている信号が薄れてしまいますので、効果も薄れてしまいます。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

 

交通事故の、むち打ち症、弁護士に頼むと費用は?

交通事故に遭われた場合、真っ先に弁護士にお願いしようと思う方は少ないでしょう。

高額な費用を取られるんじゅないの と考えますよね。

昔はどうだったのか知りませんが、今の弁護士は良心的です。

相談料は無料で、弁護士特約が付いている保険に入っている場合は、すべてそちらが払ってくれます。

弁護士特約が無かった場合は、慰謝料など入金された額の20パーセントくらいが相場のようです。

数年前までは、私もその仕組みが、よく分からなかったので、お勧めしていませんでしたが、内容が分かってしまった今では、極力弁護士について貰うようにしています。

なぜなら、弁護士がつく事によって、患者さんが受け取る金額が、かなり増額されます。

保険会社との対応も、弁護士がやってくれますので、患者さんは心配する事なく治療に専念できるのです。

sc0000_LI.jpg

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3