ベーカー嚢腫って何?・・・膝裏のコブ?

AS20161214002672_commL

ベーカー嚢腫(べーかーのうしゅ)とは、膝の裏側にポコッと膨らむ症状です。

大きさはゴルフボール半分くらい、大きい人でテニスボール半分くらいになります。

膝の裏側にある滑液包に炎症が起こり、関節液が貯まる事により、発症します。

imagessk4k_1

発症原因は不明のものと、変形性膝関節症や、関節リウマチなどで併発される場合が有ります。

50代の女性に多い事から、加齢が原因とも考えられています。

発症していても、痛くないケースも珍しくありません。

痛くは無いけど、違和感が有るとか、正座をする時に圧迫感が有り、邪魔だと感じます。

痛くない場合は、まだ良いのですが、膝が痛くて、更にベーカー嚢腫で、膝の裏側が腫れているという状態で、受診される方が多いです。

病院では、注射器で関節液を抜いたり、症状が重い場合は切除する事も有るそうです。

我々接骨院・整骨院の柔道整復師は、注射器も使えませんし、手術も出来ませんので、違った視点から施術を行います。

私の場合は、関節の引っ掛かり、関節の軸ずれ、関節の内圧上昇、筋肉の過緊張、筋力のアンバランス、代謝の低下、ホルモンバランスなどを考えて施術を組み立てます。

軽度のものは、簡単なテーピングだけで引いていく事も有りますし、施術を続けて膝の痛みが取れてから徐々に小さくなるケースも有ります。

施術の組み立てについては、近いうちに文章化してみたいと思います。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

変形性膝関節症、痛みが先か?変形が先か?

膝関節の変形は、痛みが先か 変形が先か

なんだか、ニワトリが先か 卵が先か みたいな課題ですね。

では、膝の関節はナゼ変形するのでしょうか

b0199838_1124527

変形は、痛いから変形します。

膝に痛みを感じているから、自己防衛で骨量を増やし、関節面を広げようとします。

では、その痛みは、どこが感じているのでしょうか

違います、骨は折れても周りの筋肉を傷つけないと痛みません。

筋肉

はい、結局のところ、痛みを感じ取るのは筋肉です。

関節の問題、筋肉の問題、筋膜の問題などにより、筋肉に異常緊張・異常収縮を起こし硬くなることで痛みを引き起こします。

筋肉が感じ取っている痛みに対して、骨量を増やして、骨が変形して行くという順番になります。

実際に変形を起こすと、関節の動きに制限がかかります。

自己防衛で変形したハズなのに、その変形により関節の問題が発生して、筋肉が異常緊張・異常収縮を起こし筋肉が硬くなり、痛みを発生するという、悪循環に陥ってしまうのです。

変形してしまったら、もう良くならないの

それは違います。

関節の軸を整えて、筋肉の硬さが取れて行くと、変形してしまった膝でも、痛みが緩和されて行くのです。

ただし日数が掛かりますので、変形する前に関節を整えて、変形を回避した方が良いと思いますよ。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

膝関節痛、階段の上りで痛む?下りで痛む?

膝に問題を抱えている方が辛い動作の一つとして、階段の上り下りが有ります。

その中でも、階段の上りが辛い方と、下りが辛い方に分かれます。

上りが辛い場合と、下りで辛い場合では、施術の際に狙うポイントが変わってきます。

具体的には階段を上る時は、膝から上の筋肉が主に働きます、下る時は、膝から下の筋肉が主に働きます。

ashi (2)

つまり、膝から上のももの筋肉に硬さが有ると、階段の上りが辛くなり、膝から下の、ふくらはぎや、すねの筋肉に硬さが有ると、階段の下りが辛くなる訳です。

その筋肉の硬さが、緩和されると、階段の上り下りが楽になって行きます。

それが解っていると、施術するべきポイントを絞り込みやすくなります。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

膝の成長痛、オスグットシュラッター病の手技

オスグットシュラッター病の施術は、何をすれば改善するのかについて考えてみましょう。

この疾患は、ももの骨が、ももの筋肉よりも早く成長して、すねの骨が引っ張られ、引き剥がされる事により発症します。

asdaszxcv_li-2

では、どうすれば引っ張られなくなりますか

ももの骨の成長に、筋肉が追い付けば、引っ張られなくなりますよね。

でも、それを待つのでは月日が掛かります。

痛いのでスポーツも全力を出せません。

痛いまま無理をすると、更に出っ張って来ます。

fumei-87

ここは、筋肉の成長を待つのではなく、筋肉の伸縮性を高めるべきでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ももの筋肉の伸縮性がアップする事でも、すねの骨を引っ張らなく出来るのです。

%e5%a4%a7%e8%85%bf%e5%9b%9b%e9%a0%ad%e7%ad%8b

過剰に引っ張られなくなれば、痛みも引き、それ以上出っ張る事は無くなります。

ただし、これは電気を掛けて揉むだけでは、伸縮性は高まらないようです。

恥かしながら私自身も昔は、何か月もかけてオスグットシュラッター病の施術をしていた思い出が有ります。

PNF筋整復法(PNFストレッチ)で、この大腿四頭筋を全体的に狙った場合、10回くらいの施術で改善します。

さらに深い所に有る、中間広筋を狙えるようになると、もっと早く改善出来るようになります。

以前は実費5,000円で行っていた手法ですが、現在は保険使用で施術しています。

c0102793_10445398

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

膝の成長痛、オスグットシュラッター病のテーピング

前回の記事で、オスグットシュラッター病の発症原因は理解して頂けたかと思います。

今回は、オスグットシュラッター病の痛みを軽減させるテーピングをご紹介します。

この場合は、痛い所に直接貼るのも一つの手ですが、ちょっと変わった方法として、スパイラルテーピングの貼り方が有ります。

痛い所ではなく、痛い所の裏側に貼ります。

膝の裏側の、少し下に手を当てて膝を動かしてみます。

一番痛みが軽くなるラインを探します。

見つかりましたら、そのラインに対して、右上がりに二本、続いて左上がりに二本貼ります。

最初に貼った右上がりのテープに対して、左上がりのテープがクロスする形になります。

thealigxrn

当院の場合は、PNF筋整復法で筋肉の状態を整えてから、この様なテーピング処置を行います。

子供の保険を使えば、0割負担になりますので、窓口料金が0円で施術が受けられます。

たいていの場合、5回くらいの施術で終了できます。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

膝の成長痛、オスグットシュラッター病とは?

オスグットシュラッター病とは、成長期のお子さんに起こる、疾患です。

この疾患が起こるのはココです。

fumei-87

これの場合、放置して自然に痛みが引くのを待つと、変形が進みます。

そして、何故か身長がそれ以上あまり伸びないという事がよく起こるようです。

自己防衛として、成長を留めてしまうのかも知れませんが、原因は明らかになっていません。

 

特に活発に運動をしている子供に多く、成長期に起こります。

ジャンプを行うスポーツは特に骨の成長が早くなりますので、骨の成長に対して、筋肉の成長が追いつかない、という事が起こります。

そんな場合に発症します。

発症のメカニズムとしては、ももの骨が成長により長くなります。

asdaszxcv_li-2

それに対して、もも前面の筋肉は成長が遅く、ひざ下のすねの骨を引っ張っています。

その状態で、運動すると、もも前面の筋肉に、すねの骨が引っ張られ過ぎて、剥がれて来ます。

レントゲン撮影すると、骨が崩れた様な写真になります。

c0102793_10445398

出てしまった分は、あまり戻せませんが、痛みを取り、それ以上に出ないようにする事は、施術により行う事が出来ます。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

変形性膝関節症で伸びない膝は、ココに問題が有ります。

変形性膝関節症で膝が伸びない方っていらっしゃいますよね。

変形してるから治らないと病院や治療院で言われる場合も有るでしょう。

しかし、やりようがない訳では無いのです。

膝が伸びない場合は、ある筋肉が萎縮しています。

どこだと思いますか

単純に考えると、膝の裏の筋肉って思いますよね。

ところが、膝の筋肉じゃないんです

えっ膝じゃない

 

そう、膝ではなくココです

img_0_m_LI.jpg

腸骨筋という筋肉です

骨盤の内側から大腿骨に付いている股関節の筋肉なんです。

股関節が伸びない事が原因で、膝も伸びなくなっているんです。

明らかに変形して伸びなくなっていると思われている人も、地道に腸骨筋を緩めて行くと、段々と伸びていきます。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3