のどの痛みを取るテーピング療法

今回は、風邪を引いて治ったのに喉が痛いとか、何らかの原因で喉に炎症が起こり痛むといった場合のテーピング療法をご紹介いたします。

唾を飲み込む時に痛みを感じる事が多いと思いますので、それを検査法に使います。

そのまま唾を飲み込んで、喉の痛みを確認します。

続いて、喉を左右両側から軽くつまんで、再度唾を飲み込んで痛みの軽減が有るか無いかを確認します。

IMG_20170710_163913

喉をつまむ位置を、上の方、真ん中くらい、下の方と変えてみて、一番痛みが楽な所を探します。

一番楽になる高さで、喉をはさむ様にテーピングを貼付します。

IMG_20170710_164033

以上、簡単ですので、のどが痛い時には試してみて下さい。

テーピングは、スパイラルテーピングのクロステープを使用します。

絆創膏でも作れますので、チャレンジしてみて下さいね。

IMG_20170523_193809

IMG_20170523_193701

3本並べたテープの上から、4本のテープをクロスさせれば出来上がり

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3
広告

花粉症のテーピング療法、鼻編

前回の記事でお伝えした、花粉症の代表的なツボ、太陽(たいよう)で目にも鼻にも効果は出るのですが、それでも鼻がツライ方に、お勧めのテーピング療法についてです。

写真を見ればピンと来るのでは

こういうの売っていますよね。

51hqkxK2NnL._SL500_AA300__LI

売っているのは、スプリングで鼻腔を広げる構造になっています。

ところが、スプリングが入っていなくても、テーピングを貼ると鼻腔って開くんですよ。

こっちが、スパイラル・テーピングです。

kafunhana

貼るポイントは一緒です。

詳しい説明は本家のホームページからご覧ください。 スパイラルの田中 花粉症 鼻

本来ならテーピングを貼るのですが、絆創膏でも紙の絆創膏でも効果が出ます。

試しに鼻の上を、指でつまんでみて下さい。

それで鼻が楽になったら、そこにテープを貼るだけです。

簡単でしょ 

●アレルギー

花粉症のツボ

花粉症のテーピング療法

花粉症のテーピング療法、鼻編

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

花粉症のテーピング療法

今回は、テーピングで花粉症の症状を軽減させる方法についてです。

施術の現場では、他の症状のついでに処置をしたり、アレルギーにより、他の症状を増強している事が疑わしい時などに使います。

基本的な処置は、アレルギーの代表的なツボの太陽を使います。

kafun1

kafun2

単純に、花粉症です、という方には、そこに小さなテープを貼ります。

アレルギーにより、他の症状を増強しているのではないかと思われる場合は、検査を行います。

ふくらはぎの硬さ、押した時の痛さを確認した後に、患者さんに太陽穴を自分で押さえて貰います。

太陽穴を押さえた状態で、再度ふくらはぎの硬さと、圧痛を比較してみます。

ふくらはぎの硬さが取れて、圧痛が軽減していれば、アレルギーにより、筋肉が緊張している事が考えられます。

つまり、筋肉が緊張している為、腰や足などの痛みを増強している可能性が高くなります。

そんな場合は、先に太陽穴にテープを貼ってしまった方が、他の痛みが取れやすくなります。

詳しい貼り方の説明は、本家の症状別ページをご覧くださいね。 スパイラルの田中 アレルギー(花粉症など)目

●アレルギー

花粉症のツボ

花粉症のテーピング療法

花粉症のテーピング療法、鼻編

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

 

花粉症のツボ

花粉症の季節ですね。

私も若干花粉症です。

若干というのは、中学生時代に発症しました。

その頃は、花粉症という言葉すら無い時代です。

春になると、ひどい鼻風邪を引くなぁ、と思っていました。。。毎年、毎年。(笑)

 

私の場合は、10数年前に筋整復法という施術を教わっている時、お互いに練習をしているうちに、代謝が良くなったらしく、症状が軽くなりました。

今では、あまり気にならない状態です。

それでも、シーズンに数回、花粉が多くて鼻や目が辛い時が有ります。

そんな時には、このツボを使います。

それは、太陽というツボで、アレルギーの代表的なツボになります。

37b87e16152478b0672f9e180aaad823

スパイラル・テーピングでは、ここに小さなテープを貼ります。

私の場合は、ここを爪でジワーッと刺激を加えます。

すると、症状が軽くなります。

爪で刺激を加えるというのは、鍼灸のハリの代わりです。

爪で押して一番痛い所を探し、目や鼻など、ツライ所を狙って、ジワーッと響かせる様に押すと、効果的な様です。

花粉症の方は、試してみては如何でしょうか。

●アレルギー

花粉症のツボ

花粉症のテーピング療法

花粉症のテーピング療法、鼻編

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3