せきを止めるテーピング療法

風邪を引いて治ったけど、咳が残ってるとか、アレルギーで咳が出るという場合に活躍するテーピング療法です。

この場合は、検査法とかは考えずにテーピンクを貼ります。

貼るポイントは、左右の鎖骨の間で、胸骨丙の上の奥になります。

押すと痛いので分かりやすいのですが、刺激を加えると、その場は余計に咳が出る事が有ります。

その為、すぐに効果を確認する事が出来ない場合も有ります。

スクリーンショット-2016-09-04-17.32.54_LI

テープを貼って、しばらくすると、咳が止まっていた、という感じの効き方をします。

でも、アレルギーで咳が出ている場合などは、もっと根本的な事を改善させる必要が有ります。

根本的には、身体が冷えています。

冷たい飲み物、食べ物で身体を冷やさない事

温かい飲み物、温かい食べ物を取るように心掛けましょう。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3
広告

のどの痛みを取るテーピング療法

今回は、風邪を引いて治ったのに喉が痛いとか、何らかの原因で喉に炎症が起こり痛むといった場合のテーピング療法をご紹介いたします。

唾を飲み込む時に痛みを感じる事が多いと思いますので、それを検査法に使います。

そのまま唾を飲み込んで、喉の痛みを確認します。

続いて、喉を左右両側から軽くつまんで、再度唾を飲み込んで痛みの軽減が有るか無いかを確認します。

IMG_20170710_163913

喉をつまむ位置を、上の方、真ん中くらい、下の方と変えてみて、一番痛みが楽な所を探します。

一番楽になる高さで、喉をはさむ様にテーピングを貼付します。

IMG_20170710_164033

以上、簡単ですので、のどが痛い時には試してみて下さい。

テーピングは、スパイラルテーピングのクロステープを使用します。

絆創膏でも作れますので、チャレンジしてみて下さいね。

IMG_20170523_193809

IMG_20170523_193701

3本並べたテープの上から、4本のテープをクロスさせれば出来上がり

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3