めまい、メニエール病って何?

『めまい』について、出来る限り簡単に説明してみたいと思います。

一番多いのが、『回転性めまい』と言って、回る様な感じの『めまい』です。

主な原因として、『メニエール病』が挙げられます。

『メニエール病』の原因は不明とされていますが、近年では内耳にできる『内リンパ水腫』が原因で有る事が分かって来ました。

どういう事なのかと言うと、まずは耳が有ります。

093d63ce9a1810a2bd8098e485c2f93b

その中の、内耳の部分が有ります。

e0084756_16293767

その内耳の中は、リンパ液で満たされています。

ところが何らかの原因で、リンパ液が増えすぎて、内耳が腫れている状態、つまり水ぶくれの状態です。

センサーの三半規管は、リンパ液の状態で、頭の向きを感じ取るのですが、増え過ぎたリンパ液が、イタズラしてグルーっと回る様な感じになったりします。

簡単に説明すると、こんな感じなのですが、何らかの原因って何って思いますよね。

これはね、一般的には、炎症とか、自律神経障害と言われているそうです。

私としては、別の理論が有って、そっちじゃないかな って思います。

それについては、またの機会にご紹介いたします。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

首の歪みと東洋医学的考え方

首の骨の歪みは、東洋医学の水毒・お血にも連動しています。

水毒とは、簡単に説明すると、体内の水の異常の事です。

お血とは、体内の血液の異常の事です。

水毒の状態の時は、水分の異常なので、下痢を起こしやすくなります。

お血の状態の時は、逆に便秘を起こしやすくなります。

この水毒・お血の異常は、首の骨の3番に現れます。

水毒の時は、頸椎3番の右側に筋硬結を作るので、右後ろに出っ張ります。()

お血の時は、頸椎3番の左側に筋硬結を作り、左後ろに出っ張ります。()

keitui1_li

矯正方法は色々有ります。

私の場合は、JRC関節可動回復矯正法を使ってジワッと矯正します。

トムソンテクニックを得意とする先生は、ドロップテーブルでガチャンとか、ストンといった感じに矯正します。

他のカイロプラクティックが得意な先生だと、バキッとかボキッと言った感じで矯正します。

オステオパシーのスティル・テクニックだと、クリンッて感じですね。

 

じゃあ東洋医学、鍼灸の先生は

痛い所に直接処置をする先生もいるでしょうが、ここはツボの面白い所で、胸や、お腹、足のツボを使っても、首の骨の出っ張りは、引っ込みます。

私は柔道整復師の資格は持っていますが、鍼灸師の資格を持っていませんので、そのツボにスパイラルテーピングを貼って処置します。

このツボから診る方法を使うと、単純に首の骨が歪んでいるだけではなく、全身に関係しているんだな、と考えさせられますね。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』 ←ホームページはこちらをクリック。
〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

首が原因ではない、手のしびれ、手根管症候群

首が原因の手の痺れについて、前回の記事で書かせていただきました。

今回は、首が原因ではない、手のしびれ、ではどこに原因が というお話しです。

手の痺れの範囲が、何処から何処まで出ているのかを明確にしてみましょう。

首から指まで痺れているのか

肩から先の痺れなのか

肘から先の痺れなのか

手首から先の痺れなのか

指だけの痺れなのか

腕は痺れているけど、指は痺れていないのか

朝だけ痺れるのか

など、人それぞれで有ると思います。

特に多いのは、手首から先の痺れではないでしょうか。

これは、Phalenテストと言って、手根管症候群の有名な検査法です。

手首を最大屈曲位にして1分間以上キープします。

img_20170220_175950

これで痺れが出たり、痺れが強くなれば、陽性で、手根管で神経が圧迫されている事になります。

施術としては、手根骨のロック(関節の引っ掛かり)を外して、柔らかくして行きます。

f87497f5

手根骨が柔らかくなると、手根骨と靭帯に挟まれていた、神経が解放されていくので、痺れる必要が無くなっていくのです。

他の原因も有りますので、またの機会に、お話しさせて頂きますね。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

筋肉から考える交通事故治療、むち打ち症治療

交通事故による、むち打ち症について、筋肉から考えてみましょう。

車に追突された場合、人間が加える事の出来る衝撃を、遥かに超える外力が掛かります。

それにより筋肉の組織そのものが、損傷を受けます。

その損傷は、いわゆる筋肉の傷ですから、一定の日数が経てば修復されます。

しかし、世の中には交通事故から何年も経過しているのに、痛いというケースが多々有ります。

何故でしょう

骨・関節の歪みも原因になりますが、更にもう一つの原因が有ります。

ガァーンと追突された瞬間に、身体の方では、自己防衛の為、筋肉に緊張成分であるカルシウムや老廃物などを、筋肉内に放り込み固めてしまいます。

まるで、セメントでも流し込んだ様な状態になります。

筋肉というものは、硬ければ痛い訳ですので、その緊張成分が排出されない場合、何年経っても痛みは消えません。

施術としては、緊張成分が溜まって硬くなっている部分を触診で見極めて、排出させる事により、痛みを取って行きます。

これは、繊細な指先の感覚と動かし方のコツが必要ですのでプロに任せて下さいね。

6e697e8742404719ddb1e14f269390d1_s

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

骨・関節から考える交通事故治療、むち打ち症治療

交通事故による、むち打ち症を骨・関節から考えてみましょう。

車に追突された場合、通常の生活では有り得ない外力が加わります。

骨・関節は、歪みます。

ひどい場合は、骨折してしまいます。

骨折していれば、レントゲン検査でも分かりますので、骨折の診断が出ます。

ところが歪みの場合、レントゲン検査では、よく分かりません。

というのも、海外の骨のお医者さんは、ミリ単位でレントゲン写真に線を引いて歪みを調べるそうです。

日本のお医者さんは、忙しいので、そこまでやっている暇が有りません。

よほどハッキリと歪んでいなければ、骨には異常が有りません、捻挫でしょう。痛み止めの薬とシップを出しておきます。という事になります。

私の場合は、接骨院ですので、レントゲン撮影は出来ません。

視診と触診で判断します。

でも、レントゲン写真よりも、触って診た方が明らかに、ポコッと出ていますので、分かり易いと思っています。

施術としては、触ってみてポコッと出ている所を、戻して平らにして行きます。

むち打ち症になって何年も痛い人の場合、出ている首の骨が固まっていますので、それを解除するのは、とょっとしたテクニックが必要になります。

そこは、一般の方では難しいと思いますので、プロに任せて下さい。

2c

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

交通事故による、むち打ち症のテーピング療法

これは、当院で使用している、スパイラルテーピングの、むち打ち症に対する代表的な貼り方です。

詳しい説明は、本家のホームページに紹介されています。 スパイラルの田中(むち打ち症)

検査法は、第5頸椎の左後ろと、第4頸椎の右前に指を当てます。

そのままの状態で、動かしてみます。

痛みが軽減していれば有効ですので、そこにスパイラルテーピングのクロステープを貼ります。

指を当てている状態で楽な訳ですから、テーピングを貼れば楽な状態をキープ出来るのは、容易に想像できますよね。

o0280020512657101711o0280020512657101709

全く変化が無い場合は、むち打ち症であっても、別の貼り方になります。

そこは難しいので、任せて下さいね。

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3

交通事故の、むち打ち症、早く改善したい?それとも???

交通事故に遭い、お医者さんから診断書を頂き、警察にも報告して、保険会社にも電話をして、いよいよ施術を開始しました。

早く楽になりたいですよね。

しかし、交通事故の場合、早く改善して卒業したい人と、ゆっくり改善して、通院慰謝料をしっかり貰いたい人とに別れます。

通院慰謝料というものは、通院期間や通院日数により、大きな差が出ます。

数十万円の差が出てしまうのです。

中には1回の施術で楽になったから、もう良いや。と通院を止めてしまう方もいらっしゃいます。

その場合、通院慰謝料は、ほとんど出ません。

通院期間が1日ですので、通院慰謝料じたいは、4200円です。

一方、基本的な限度日数の6ヶ月間、極力毎日通院して最大限に通院慰謝料を受け取る人も居ます。

自賠責は、日数計算と通院日数とを比較して支払い金額が変わります。

しっかり通った方が、いっぱい貰える訳です。

更に、自賠責の基準ではなく弁護士・裁判基準が適用されると、また金額が変わります。

弁護士にお願いした場合、どれだけ金額に違いが出るのか またの機会に、お話しさせて頂きます。

通院される方は、一日でも早く改善したいのか じっくり日数を掛けて改善したいのか を教えて下さいね。

m016-062

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』トップページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』運動療法・健康情報コラムページ

墨田区の整体接骨院『大和田筋整復院』交通事故治療ページ

〒130-0003 東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島109号
℡03-3625-6776
大和田筋整復院(オオワダキンセイフクイン) 院長 大和田建彦(オオワダ タケヒコ)
イメージ 4        イメージ 3